布で作るしおりの作り方【クロスステッチ刺繍でブックマークを作りました】

布のしおりの作り方〜クロスステッチ刺繍入り〜ハンドメイド

今回は、布を使った簡単なしおりの作り方を紹介します。

クロスステッチ刺繍で作った手作りしおりの作り方

針とミシン要らず!説明するまでもないくらい超簡単です。

 

出来上がりサイズは好きなサイズでお作りいただけます。

今回は、10×4cmで作りました!

 

布で作るしおりの材料

材料は以下の通り。

  • 布2枚:作りたいサイズよりひとまわり(縦横1cm程度)大きいサイズの布×2枚
  • 布用ボンド:木工用ボンドでも布という記載があればOKです。
  • 穴あけパンチ:紐を通すために穴を開けます。
  • :今回は麻紐を使いましたが、穴に通ればリボンでも何でもOKです。7cm程度。

 

 

 

布で作るしおりの作り方

しおりの作り方を順番に説明していきます。

 

生地をカットする

完成サイズよりひとまわり(縦横1cm程度)大きいサイズの布×2枚をカットします。

 

刺繍をする場合は、この時点で刺繍しておいてください。

今回は、ヴェロニクアンジャンジェさんの「パリのお店屋さんのクロスステッチ」からくまさんを刺繍しました。

 

裏面に薄めたボンドを塗る

次に、布の裏面に水と1:1で薄めたボンドを塗ります

筆があれば良いですが、手持ちがなかったので今回は綿棒で塗り広げました。

 

満遍なく全体に塗り広げましょう。

 

2枚を貼り合わせ、乾かす

裏面同士を貼り合わせ、パリパリになるまで半日くらい乾かします。

紙の上などで乾かすとくっついてしまう可能性があるので、ガラスやプラスチック製のものなどの上で乾かしましょう。

 

端をカットする

乾いたら、布の端をカットし、形を整えます。

 

穴開けパンチで穴を開ける

穴あけパンチで1箇所、紐を通すための穴を開けます。

 

布のフチ・穴に薄めたボンドを塗る

布が端からほつれてこないように、フチにもしっかり水と1:1で薄めたボンドを塗ります。

紐を通すための穴のフチにも同じようにボンドを塗りましょう。

 

乾かす

貼り合わせの時と同じく、パリパリになるまで半日くらい乾かします。

紙の上などで乾かすとくっついてしまう可能性があるので、ガラスやプラスチック製のものなどの上で乾かしましょう。

 

紐を通したら完成!

クロスステッチ刺繍で作った手作りしおりの作り方

最後に紐を通して結んだら完成です。

 

裏面はこんな感じ。

完成品は夫にプレゼントしました!

3年くらい使っていますが、端もほつれず、黄ばんだりもなく現役です。

 

まとめ:一番簡単な布のしおりの作り方

針も糸も使わずに、簡単に作れるしおりの作り方を紹介しました。

 

ボンドで固めていることもあり、ハリもあってしっかりした作りです。

フチのほつれ止めもしているので安心して使えますね。

 

本当に短い時間で簡単に作れます!

ぜひお好みの布や刺繍をしてしおりを作ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました